脱毛ラボの全身脱毛の回数は各部位6回が標準。それで足りる?

脱毛イメージの画像1

多くの脱毛サロンでは各部位の脱毛回数は約2か月置きに施術して4回から6回が標準的なプランとなっています。

しかし、それで脱毛が完了するのか不安や疑問を持っている方がほとんどです。

ごぞんじの方も多いと思いますが、いま主流の光脱毛(フラッシュ脱毛)は「毛周期」に合わせて光を照射して処理をしていきます。

その光は、表面に出てきている成長期の毛(その部位の約20〜30%)に対してのみ効力を発揮します。

100%の毛根にアプローチするまでに最低でも4回ほどは必要となるわけです。

また、1回施術をしたあとは次の成長期の毛が生え揃うのを待っての照射が効率的です。

そのため多くの脱毛サロンでは、同じ部位をお手入れする間隔を2ヶ月間ほど空けるようになっているのです。

それを繰り返すことで徐々に薄くなる(自己処理の回数が減る)のを実感します。

【期間限定キャンペーン】

 

いちどの照射で毛根に完全にダメージを与えきれると4〜6回ほどの施術で完了となりますが、そうはいかないのはなぜでしょうか?

簡単に言ってしまえば「施術のタイミング」と「照射のパワー」です。

 

もし、施術のタイミングを完全に合わせたいとなると「タイミングを合わせるために診察を受ける」必要がでてきます。

それって効率的でしょうか?

そもそも不可能だと思います。

なぜなら、毛周期は部位によって違うからです。

髪の毛とヒザ上の毛の伸び方は違いますよね。

予約も事前に取る必要があるため、各部位の毛周期に合わせた診察と施術というのは困難です。

その妥協点として「約2ヶ月間」だとお考えください。

しかし、そんななか脱毛ラボが限定的ですが始めたのが

ライト照射と毛周期に関係ない抑毛ジェルを使うWアタック脱毛の3倍速スピード脱毛なのです。

経験のあるスタッフと店舗数の充実した脱毛ラボだからこそ出来るのかもしれません。

また、脱毛ラボは他のサロンより1週間で20時間ほど多く営業している点もあるでしょうね。(脱毛ラボは10時から22時まで営業。多くのサロンより3〜4時間も長い!だから時間帯を選べば予約も取りやすいのです)

 

照射のパワーに関しては医師でない脱毛サロンのスタッフが扱える上限が決っています。

しかし、パワーは強い方が良いかと言うと単純にそうだとは言い切れません。

照射のパワーが上がれば上がるほど「痛い」と感じるからです。

極端な話、輪ゴムでパチンとされる程度の痛さなら断続的な1時間も平気でしょうが、それが輪ゴムではなくムチならどうでしょうか?

あなたは、次回の予約をためらいませんか?

わたしは予約を入れててもドタキャンするかもしれません。

少なくとも脱毛サロンの施術で痛みをそれなりに感じている(これも個人差がかなりありますので)のなら、私は医療系の脱毛をあまりおすすめしたくありません。

 

>>ここをクリックで脱毛ラボの公式サイトへ

脱毛イメージ花の画像

 

4〜6回というのはムダ毛が薄い方なら部位によっては気にならないレベルになるという回数です。

しかし、この気にならないレベルというのも個人差がありますから、なんともいえない部分です。

それでは、最初から4回とか6回のコースは要らないかというと、そうではありません。

さすがに4回では・・・とは思いますが、まさに個人差なのです。

それに、ほかのサロンで数回施術を済ませている方もいるでしょうし、6回で「だいぶんお手入れがラクになったからこれでいい」という方もいらっしゃいます。

しかし、多くの方は8回〜12回は通われています。なかには18回以上の方も。

医療レーザー脱毛に比べフラッシュ(光)脱毛のサロンでは時間が掛かるのは仕方がない部分です。

じゃぁ、美容系の脱毛サロンはデメリットだけかというと、これもまた違います。

それは脱毛ではいちばん大切な続けることへのメリットがあるのです。

 

先にも書いた通り「痛くない」ということです。

実際に痛くてクリニックのレーザー脱毛から、サロンのフラッシュ脱毛に切り替える人も少なくありません。

また、施術を医師のもとで行ないますから、クリニックはどうしても高額になります。

麻酔も必要となる場合もあります。(追加料金は3000円前後が多いようです)

医療脱毛(クリニック系の脱毛)は、たしかに高出力のレーザーやニードル脱毛(針脱毛)などでムダ毛が生え難いことは事実ですが、痛みに弱い方なら通うことが自体が苦痛で続けることが困難です。

 

脱毛サロンの施術には、脱毛サロンならではのメリットもあります。

ゆっくり時間を掛けることで支払も長期間に分散させることも自然です。(脱毛は半年で完了したのにローンは3年間続くとか辛くないですか?)

分割回数が増えることで金利は増えますが、毎月のベースの金額が抑えられるので1回に支払う料金は低くなり施術を受けやすくなります。

時間を掛けることは肌への負担も少なくなりますから、良いことも多いのです。

あなたにあった方法(=無理のない方法)で施術されることが全身脱毛の成功の秘訣です。

そして、けっして短くはない1〜3年間の施術をクリアしたあなたには待っているものがあります。

 

>>ここをクリックで脱毛ラボの公式サイトへ

脱毛を気長に続けると、将来的に大きな時間的なメリットと精神的な余裕をもたらしてくれます。

それは、現在苦労している自己処理のほとんどが無くなるばかりでなく、仕上がりも比べ物になりません。

 

男性のイケメン芸能人は顔のアップも多いですが、髭剃りあとが気になりますか?

いくらメイクをしてもヒゲが濃い方なら撮影の時間の経過とともに目立ってもきますが、ほとんど気になりませんよね。

それは適度にヒゲの脱毛をしているからです。

高画質のいま、テレビにキレイに映るには自己処理では不可能な時代なのです。

 

「ワキ」と「腕」を例にとって銀座カラーが調査をしたところ、1か月あたり約100分ほど時間を掛けるそうです。

一生涯(現在20歳の女性が40年間ムダ毛処理をすると仮定)で計算すると、約800時間におよびます。

しかし、この数字はかなり控えめだと思います。

現在の女性の自己処理をする部位は「ワキ」と「腕」だけではないからです。

もはや「ヒザ下」と「Vライン」はお手入れしないではいられませんよね。

 

脱毛に生涯に渡って時間をかけるより、プロの施術で開放された方が良いと思ったらキャンペーンを利用して脱毛サロンの無料カウンセリングを受けてみてください。

全身脱毛なら自己処理では届かない背中などの部位もきれいな仕上がりにもなりますし、生理の時もずいぶんラクになります。

最初は勇気が要ると思いますが、脱毛サロンなら女性が施術してくれます。(医療系は施術は女性かもしれませんが、診察などは男性医師の場合も少なくありません。とくにニードル脱毛は評判の良い医師を選ぶと思いますから男性医師の施術の可能性も高まります)

脱毛サロンに通う多くの方は「恥ずかしかったのは最初だけ」と答えていますから、長期的なメリットを考えて脱毛サロンデビューを考えてみてください。

脱毛イメージ海辺の画像

 

脱毛サロンは生活圏内でお選びください。

全身脱毛を分けて(1回あたり全身の1/4を施術する脱毛サロンなど)施術するプランならトクです。

2ヵ月にいちどや、1ヶ月にいちどならお買い物の次いでや他の楽しみとも重ねることも出来ますが、頻繁に通うとなるとそのために時間を使うことと交通費を掛けることは脱毛を続けることへの大きな負担となってきます。

そのため、全国展開をしているサロンのほうが最寄りの店舗を見つけやすいと思います。

また、全国展開のサロンは店舗間の移動(どの店舗でも予約できる)が可能だったりします。

例えば、アパレルにお勤めならショップ間の異動は頻繁にあるかもしれません。

パートナーも含めて転勤の多い職場や、進学による引っ越しが考えられる場合にも有利です。

私には関係ないと思われる方も多いでしょうが、全身脱毛が1〜3年掛かることを忘れないでください。もちろん多くの良心的な脱毛サロンでは解約(未消化分があれば返金)も可能です。

それらを含めてお勧め出来るのは脱毛ラボかなと思います。

月額制になると1ヶ月に2度通うことになりますが、それが厳しいようでしたら1回の来店で全身を施術するプランなどもありますから無料カウンセリング時に聞いてみてください。

ただ、学生さんで将来エステ業界に就職したいとか思っているなら、ナマの授業をたくさん受けられると考えてもいいですね。逆転の発想です。

公式サイトでは、プランを絞って記載されていますが実際には12回プランなど、いろいろ用意されています。

なお、無料カウンセリングは、Webからの予約でのみ適用となる割引も多いですからおトクに施術を受けたいならWeb予約です。これは忘れないでください。
 
Aq_about_pink
 
(下記バナーのクリックで脱毛ラボの公式サイトへ移動します)

【期間限定キャンペーン】